都心生活者のための冠婚葬祭「朝花の会」

都会で暮らす単身独身者が気をつけるべき冠婚葬祭のマナー

家族葬はどんな感じで進めるのがベストなのか

葬儀を身近に感じた個人的なエピソード

これから先のことを考えていく為にも家族葬の手順を知っておくことが大事だと思ったのは、今自分が病気にかかっているからです。
もしも治療をして完治したとしても、また同じことが繰り返しおこらないとも限らない。
様々なことを考えていると自分が他界した時のことも決めておきたいと思い葬儀の種類を調べることにしました。

シンプルだけれども心がこもったお葬式が良い

多くの友人がいるわけでもなく、今幼稚園に通っている子供がいるぐらいで人付き合いもほとんどないからシンプルな葬儀で十分だと考えている。
また、費用もさほど使わずに済むのならその方がいい。
以前なら葬儀費用も100万単位で当然のような感じであったけれど、今は少人数で葬儀を行えるプランも沢山あり助かっている。
密葬といっても亡くなった所から運ばれることから始まり、家族だけでは何もすることはできない。
しかし、葬儀専門の業者ならばどんなふうにしたらいいのか順序よく説明してくれるし、誘導し残った家族が不安に思うことはなく安心することができる。
自分なりにシミュレーションをしておくと知らないことがどんどん出てくるし、その時に必要な品も様々で自分で前もって用意しておくにもどこで販売しているのか調べたりもできる。

事前に葬儀専門の業者に相談しておけば困らないで済みます

けれど、必要な商品を今購入して持っていても意味がない。
それならば、きちんとした葬儀社に依頼し段取りをお願いすることから始めた方が効率はいいし、何をするにも費用はかかるけれどコストを下げることも葬儀社を比較しておけば後々につながる。
ついでに最寄りの葬祭場にも相談しておこう。
葬儀の町屋斎場のように、御相談窓口を設けているところもある。
もしも、自分の家族の葬儀ならば盛大にしてあげたいと思うけれど、自分の場合は何でも決めておくことで満足するし、価格もある程度判明していればその分を別な預金として残しておくことができ下準備は万全になる。

都心生活者のための冠婚葬祭「朝花の会」コンテンツ一覧