都心生活者のための冠婚葬祭「朝花の会」

都会で暮らす単身独身者が気をつけるべき冠婚葬祭のマナー

コンパクトな家族葬で濃密な最後を

最近では家族だけで葬儀を行う家族葬が増えています。

私の周辺でも、何件か家族だけでの葬儀がありました。
家族葬の良いところは、なんといっても亡くなった方との最後の時間を濃密に過ごすことができるというところです。
喪主をはじめ、家族は葬儀の間、悲しみにふけっているだけではいけません。
葬儀社との打ち合わせや弔問客への挨拶、気配りでバタバタし忙しいものです。
貴重なお別れの時間を、集中して過ごすことは難しいのです。

家族葬のメリットは弔問客への対応に追われなくて済むこと

その点、家族葬は家族だけの葬儀になるので、周りを気にすることなく、感情をあらわにする事もできます。
家族で思い出話をしながら故人を偲び、静かに最後の時を過ごせます。

大勢の人に見送られる葬儀も決して悪いものではありません。
ただ、亡くなった方が高齢の場合、葬儀に参列しているのが、本人の関係者よりも喪主の関係者のほうが多いということもあります。
若くして亡くなった方や、会社の社長や有名人ならともかく、一般的な高齢者の場合、交際範囲も狭くなっていると思います。
また友人も高齢のため、葬儀に参列するのも困難な場合も多いのが現状です。
私はもしも自分が年老いて死んだ時には、近親者だけに見送って欲しいと考えています。

盛大な葬儀を望む人が少なくなってきました

大々的な葬儀にはそれなりの費用がかかりますし、親しい人に見守られて旅立てれば十分です。
このように考える人は多く、生前から自分の葬儀は近親者だけでして欲しいと遺言を残したり、葬議場を予約したりしている人もいるようです。
しかし、家族以外で葬儀にどうしても参列したいという人もいると思います。
本当に関係の深い人で、家族同様の関係の人なら家族葬と言う名前にこだわらず、参列してもいいのではないかと思います。

都心生活者のための冠婚葬祭「朝花の会」コンテンツ一覧