都心生活者のための冠婚葬祭「朝花の会」

都会で暮らす単身独身者が気をつけるべき冠婚葬祭のマナー

比較的安価でゆっくりと故人を偲べる家族葬

普通のお葬式は費用がずいぶんかかります

少子化や核家族化、そして高齢化が進む現代日本で話題になることが増えてきたのが家族葬です。
家族葬とは、一般的なお葬式とは違い、家族や親戚、ごく親しい友人だけでこじんまりと行う葬儀のことです。
この新しい形の葬儀には、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
まず最大のメリットとしては、葬儀にかかるお金をかなり削減することができます。
一般的な葬儀は会葬者がどれくらい来るのかわからないため、大きめの斎場を借りたり香典返しも多めに用意しておくなどの事前準備が必要になります。
精進落としなどの準備にも費用がかかってしまいます。
ですが家族葬であればあらかじめ参加する人数が大体わかる上、少人数で済むので予算がかからないのです。

弔問客が限定されているため喪主の気苦労も少なくて済みます

また、葬儀というのは喪主家族にとってはとても気苦労が多いもの。
参列者の対応に追われ、故人とゆっくりお別れをする時間すらなかったというのもよくある話です。
家族葬であればそういった対応が必要ないので、ゆっくりとしめやかに故人とお別れすることができます。また、故人自身がこじんまりとした葬儀を望んでいた場合にも、最適な形と言えるでしょう。

費用面での家族葬のメリットと後日の弔問客というデメリット

一方デメリットとしては、後日弔問客への対応が必要になったり、世間体や昔からの習慣を気にする親族やご近所から反発を受ける可能性があります。
故人がかなり高齢で親しくおつきあいしている知人友人が少なかったり、近所づきあいがあまりない地域で生活しているなどの場合は問題ありませんが、そうでない場合には事前にしっかり相談と説明をしておくことをおすすめします
生活スタイルや人間関係が多種多様になってきた現代では、昔ながらの葬儀のやり方にこだわる必要はありません。
家族葬がこれからは主流になっていくかもしれませんね。

都心生活者のための冠婚葬祭「朝花の会」コンテンツ一覧