都心生活者のための冠婚葬祭「朝花の会」

都会で暮らす単身独身者が気をつけるべき冠婚葬祭のマナー

都会で流行の家族葬を我が家も行いました

今流行の我が家の家族葬

日本の冠婚葬祭はとにかく高い事で有名です。
すべてが商売として成り立っている冠婚葬祭の形式を今から変えるのはとても大変だと思いますが、その代わりに家族葬という違った形のお別れの仕方が流行っています。
家族葬の葬儀が流行しているのは新しい葬儀のカタチを提案しているからではないでしょうか。

本当は身近な方におくっていただければ故人は十分なのです

喪主の方が仕事をされていて、どうしても会社関係の方を呼ばなければいけない状況、また、お亡くなりになられた方が会社の上層部にいられた方など、参列者が多い場合には家族葬は難しいかと思います。
ですが、本来の趣旨から言えば、自分が亡くなった時、誰に最後のお別れをしてほしいものでしょうか。
私なら、近親の家族、家族ぐるみのお付き合いをしているごく数人の友人に最後のお別れをしてもらえたら、それだけで十分です。
ただ規模だけを大きくしてたくさんの方に看取られるより、一緒に時間を過ごしてきた愛する家族がそばにいてくれたら、それ以上に何も言うことはありません。

都会の冠婚葬祭はコンパクトなものになってきています

冠婚葬祭では結婚式も同じです。
スマ婚という格安な式が増えています。
レストランウェディングも増えています。
お葬式も人が増えれば大きな場所を借りなければいけないし、それに伴い必然的に金額も上がります。
亡くなった方に葬儀費用を掛けるよりも(失礼な言い方かもしれませんが)、今現在生きている家族にお金を残す方が故人も喜ぶのではないでしょうか。

自分の祖母も家族葬を希望していました

つい最近亡くなった私の祖母は生前、家族葬にしてほしい。
付き合いのない方は呼ばなくていいから…その代わり、(仏様を信じていたので)戒名に少しお金を使ってほしい。
残りは家族で分けてください。と言い残していました。

私達は、祖母の希望通り、家族葬を行い近親だけで見送ったので温かい気持ちで送ってあげる事ができました。これが大規模な葬式だと、こうもいかなかったと思います。
弔問者の挨拶周りに気を使い、後に残るのは疲れと多額な請求書。その結果家族が苦しむ事になれば故人もゆっくり休めない事でしょう。身内の集まりにした結果、ゆっくりと祖母の思い出話に盛り上がり、いかに祖母が素敵な人だったかをみんなで再確認する事ができました。ゆっくりと送ってあげたいなら家族葬をお勧めします。

都心生活者のための冠婚葬祭「朝花の会」コンテンツ一覧